トイレに1日何回行きますか?

夏の病気、それは膀胱炎や尿管結石。
医師でありながら、体調管理としては基本的なミスをしてしまいました。

夏は、汗をかくので尿が濃くなります。
そのため、汗をかくまえに水分補給、定期的な排泄を行うこと。
コレを怠ると、女性は膀胱炎もしくは尿路結石になりやすいのです。
石は濃い尿から作られており、製造箇所は腎臓。簡単なレントゲンでもエコーでもみつかります。
そして厄介なことに、1度作ると腎臓が覚えてしまって何度も石を作ってしまうことです。
疲れやすい、痛みが背中から下っ腹まで移動する、尿が鮮やかな赤い色をしている!という方は
すぐに泌尿器科へ行きましょう。

冬は風邪に注意!と声をかけますが、夏は尿に注意です。

職場では、トイレに行く間は患者さまも看護師さんも待たせることになりますが
自分が病気になるよりはマシです。

男性も加齢とともに前立腺肥大でトイレの回数が増えますから、お互いさまです。
男性医師に遠慮は全くしていませんよ。

また、女性特有の痛みがあるときは、前もって看護師さんに伝えています。
なぜならば、女性同士同情してくれてなお且つ優しくしてくれます。
医師には、医師にとって優しい看護師の存在は不可欠。精神的にも不可欠な存在です。

女性医師が工夫していることは、トイレの回数だということを伝え切れたでしょうか?

-------------------
関連リンク:http://joijoy-life.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です